読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走れ!

 

駅でもうホームに電車が来ているのに、前を歩いている人にまったく急ぐ気配がなく階段で早足になってくれなかったりエスカレーターで立ち止まられたりして、そのせいで電車を1本乗り過ごすことってあるじゃないですか。

 

あれ本当はめちゃくちゃ腹立つんですけど、駆け込み乗車はダメだしエスカレーターで歩行するのも禁止されていて、悪いのは完全にこちら側なので感情のぶつけどころがなくて余計にイライラが募るんですよね。

 

べつにそういうわけじゃないんでしょうけど、駅でゆっくり歩いている人を見ると「焦らずのんびり行きましょうよ(笑)」「余裕を持って行動しましょうね(笑)」っていうのをこれ見よがしにアピールされているような、草野球でピッチャーをやっていてちょっと四球を出したくらいで味方の野手が「緊張しないで!」「落ち着いていこう!」とか声を掛けてくることに対して、『べつに焦ってないけど「私たちは冷静に物事を見られるのでわかるのですが、あなたは焦っています」みたいに上から目線でアドバイスをしてくることにムカついてそのせいで試合に集中できない』みたいな気持ちになります。

 

話は変わって、先日、アイドルのライブへ行ってきたんですけど、なんとそのチケットの整理番号が1番(スタンディング)だったんですよ。

 

けっこう人気のあるグループ同士の2マンライブで、それを最前列で観られるのは貴重なのでもし転売したらけっこうな値段になるくらいのチケットでした。絶対に転売しないですけど。好きなアイドルのチケットを転売したら天罰が下るので。TOKYO IDOL FESTIVALのSKY STAGEへ行く途中のエレベーターの中に一生閉じ込められるという地獄に堕ちるので。

 

なんですけど、自分はアイドルをどうしても近くで観たいという欲があまりないんです。

 

至近距離で好きなアイドルから目線をもらったりすると恥ずかしくてどうしたらいいのかわからないのと、近くでメンバー1人を観るよりも少し離れたところからグループ全体の動きとかフォーメーションを観たかったりするのと、あと、アイドルの対バンライブでの暗黙のルール(出番のグループのファンに最前列を譲る)みたいなのがわからなかったり、荒れた現場でモッシュとかに巻き込まれて揉みくちゃにされたりするのが怖いから。

 

で、最前列を確保することへのモチベーションがあまりないまま整理番号1番のチケットを持って入場待機列の先頭に並んでいたんですけど、周りにいる整理番号も年齢も若い人たちは熱量がまったく違くて、どこに陣取るか事前に話し合ったりしていて、子どもの頃に見た『サザエさん』でマスオが会社のお花見の場所取りをさせられる回くらい良い場所を確保することへの責任感の重さが表れてました。

 

で、その人たちから「上手と下手、どっちに行きますか?」と話し掛けられたんですけど、とくに考えてなかったので「とくに考えてないです」と返事をしました。上下もよくわからないし。

 

そして、開場時間になりチケットをもぎられて1番で入場したんですけど、会場入口からフロアまでの順路をゆっくりと歩いていたら、整理番号2番以降の人たちが後ろから一斉にダダダッと走ってきて「何をチンタラ歩いてるんだよ」みたいな感じで追い抜かれました。

 

遅れてフロアに入るとすでにさっきの人たちが最前の柵のところで目いっぱい手を広げて、誰もいないのに1人で肩を組んでいる人みたいにしてあとから来る仲間の分まで場所取りをしていました。

 

それを見たときに、皮肉でも何でもなく純粋に「あ、自分はこの人たちよりもアイドルを好きという気持ちが足りていないのかもしれない」という反省に近い気持ちを感じてしまいました。

 

だって、電車に乗るときは自分の前で立ち止まったりゆっくり歩いている人に対して「なんで急がないんだよ!」「電車行っちゃうだろ!」とか思っているやつが、アイドル現場ではやってることが真逆じゃないですか。矛盾しまくってるじゃないですか。ほこ×たてが打ち切りになる原因になった猿。

 

なんだったら、アイドルのライブへ行く途中に駅の階段を駆け上がったりしてひとつでも早い電車に乗って会場へ急いでいたりするのに、なんでゴールであるライブ会場のフロアの直前で急に減速するんだよ意味わかんないだろ。ボルトだってゴール直前で力抜いたりするけど後続には抜かれないだろ。だったら最初から急がなくていいだろ。

 

やっぱり心のどこかに「アイドルをより近くで観るために走ったりするのはかっこ悪い」という意識があって、そういう姿を周りに見られたくないというしょうもない自尊心が自分をアイドル現場で余裕かまして歩かせていたんだと思うんです。

 

なので、これからはちゃんと全力で走ります。

 

という想いを込めて作った曲です。
聴いてください、『走れ!』

 

笑顔が止まらない!踊るココロ止まらない!
動き出すよ 君の元へ 走れ! 走れ! 走れ!

 

https://youtu.be/GFGN5fa3Go4