読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイドルトークライブがあります

 

自分なんかホント生意気なんですけど(永野がブレイクする以前からずっと持ち続けている気持ち)、アイドルの話をするトークライブに出させていただきます。

 

 

2017年3月3日(金)
第3回アイドルトークライブ
会場:ラスタ原宿
開演:18時45分(15分前オープン)
終演:21時半予定 料金:1000円(1ドリンク別) 出演:寺田寛明、冷凍食品、仁木恭平、サイパン、たけのくち、小浜、カシス、にんじん
※終演後チェキ会有り!

 

 

 

出演者たちがそれぞれ好きなアイドルの魅力について映像を見ながらプレゼンしていくという内容です。

 

 

f:id:frozen_food:20170301212009j:imagef:id:frozen_food:20170301212015j:image

なぜかタダで貸してくれる内装がX21のマジカル☆キスの衣装みたいな会場でこれまでに2回開催されたのですが、会場が潰れてしまって(タダで貸すからだろ)できなくなってしまい、場所を変えて原宿で久しぶりに行われることになりました。

 

アイドルまったく知らないお客さんでもわかるように「ももいろクローバーZは5人組のスターダストプロモーションに所属するアイドルで…」みたいなところから事細かに説明していたのに、ライブ終盤で何の説明もなく「強がりセンセーション」という単語を出したら会場全体が「はいはい、セントチヒロ・チッチがいたとこね」みたいな空気になって「今までいったい何だったんだよ」となったのですが、今回もすべて1から説明するので何も知らなくても大丈夫だと思います。

 

 

 

それにしてもアイドルについての語り合いたさって何なんでしょうか。

 

自分がアイドルにハマりだした頃は、アイドルがたくさん出るライブに1人で行って朝から夜まで10時間くらいひたすら立ったまま同じ位置から微動だにせずに出演するすべてのアイドルを見続けたり、アイドルの音源でパンパンになったiPodを聴きながら山登りをしたりしていて、誰とも関わらずにただただ足腰だけが鍛えられていくといった状態で「誰かとアイドルについて語り合いたい」という欲望が日に日に抑えきれなくなっていきました。

 

そこで、周りにいる人たちの中でもとくにあまり強く物を言えないタイプの酉ガラさんという男を無理やり誘い、どうしてもアイドルネッサンスのライブを見てもらいたかったので、小田原城アイドル祭りというイベントに2人で行きました。

 

 

f:id:frozen_food:20170301212533j:image

そして、アイドルネッサンスのライブが終わって横を見るとさっきまでいたはずの酉ガラさんが姿を消していたのでどこへ行ったのかと思ったら、その当時物販で売っていた1stシングル『17才』のCDを持って「めちゃくちゃ良かったので買っちゃいました!」と言いながら楽しそうに戻ってきました。

 

それを聞いた自分は「いや、俺が初めてアイドルネッサンスのライブを見たときはあまりの衝撃にその場から動けなかった」「ライブが終わってすぐに物販へCDを買いに行けるなんてたいして感動してない」「定期公演を見れば本当の凄さがわかるから来てくれ」と言って、今度はAKIBAカルチャーズ劇場で行われていたアイドルネッサンスの定期公演に連れていくことにしました。

 

ところが、その定期公演でもライブ終了後に横を見るとさっきまで座っていたはずの酉ガラさんがまたもや姿を消していたのです。

 

「また同じ過ちを繰り返すのか」と思いながらどこへ行ったのか場内を探して回ると、会場の入口にて物販で買った南端まいなちゃんの生写真を握りしめながら「ありがとうございました…、本当にありがとうございました…」としか言わなくなった別人と化した酉ガラさんを発見しました。

 

「今後、アイドルネッサンスのライブはすべて行くことにしたのでよろしくお願いします。本当にありがとうございました」と言いだした酉ガラさんに対してやや罪の意識を感じつつも、それから2人でアイドルネッサンスの現場に通いだしました。

 

それから1年くらい経ったある日、いつものようにアイドルネッサンスのライブ終わりで2人で話していると酉ガラさんが急に「ぼく、今日でアイドルネッサンスのライブに通うの最後にしようと思います」と言い出しました。

 

驚いて「相変わらずライブも楽しいし、新曲だって出るのにこのタイミングでどうしたんですか?」と問い詰めると「最近、まいなが可愛くなりすぎて…、本当に好きになってしまいそうなので…」と答えたのです。

 

何も言えませんでした。

 

2人でアイドルネッサンスのライブへ行き、終わってから食事をしながらひたすらアイドルの話を聞いてもらうことによってアイドルについて語り合いたい欲を満たしていたのですが、これ以上無理を言って付き合ってもらうわけにもいかなくなりました(人の人生を狂わしかねないので)。

 

というわけで、アイドルの話をみんなで語り合いたいという欲求を発散できる場が自分にはこのアイドルトークライブしか残されていないのでなんとしても死守します。よろしくお願いします。

 

余談ですが、その後酉ガラさんとは、『夫のちんぽが入らない』という本を出して夫のちんぽが入らないだけでも大変なのに今さらにとんでもないことになっているこだまさんと、爪 切男さんというバッティングセンターをクビになったそれはそれで何やったらクビになるんだっていう大変な人が阿佐ヶ谷ロフトAで出版記念イベントを開催したときに、なぜか自分も酉ガラさんも出演することになって(なんでだよ)その場で久しぶりに再会したんですけど、こだまさんがちんぽが入らない代わりに印税がこれでもかっていうくらい入りまくっているせいでバカになっているのか(すいません、時系列むちゃくちゃだし)、2時間のイベント中に一言しかしゃべっていない酉ガラさんに対して出演料を○万円も払っていたので、「それだけもらったんだったらTOKYO IDOL FESTIVALの3日通し券が買えるから買ってください」と言って、いっしょに行こうとして無理やりチケットを買わせたら、それが本当に許せなかったのか、酉ガラさんそれからいっさい連絡取れなくなって3日通し券持ってるにもかかわらずイベント当日も会場に来なくてチケット代をドブに捨てていて、それから一度も口を聞いていません。これは確実にドルハラ(アイドルハラスメント)にあたると思うので完全に自分が悪いです。本当に申し訳ございませんでした。ドルハラってなんかどるえれみたい。